ヘッダーイメージ 本文へジャンプ

平成23年09月30日
ご挨拶

 わが国は、戦後体制の制度疲労に加え、グローバル経済への遅れなどにより、経済社会の閉塞感が強まっています。とりわけ未曾有の財政問題やさまざまな格差問題が顕在化し、その影響は地方により強く作用してきております。
 こうした地域の危機を打開していくためには、地域の自立がもとめられており、「地域のことは地域で決める」という地域主権が叫ばれています。
 このような状況にあって、地方自治制度についても、地方の時代に対応した地方自治法の抜本改正が検討されるなど、地方自治のあり方自体が大きな転機を迎えようとしています。地域主権を地域に根付かせていくうえでは、自治体や地方議会のあり方とともに、地方議員や自治体職員の果たす役割が重要になってくると思われます。
 なかでも、地域が主体的に政策立案や事業評価に取り組むことの重要性がますます高まってくると思われます。しかしながら現状では、政策に関連する多様な情報を収集し分析するためのノウハウや情報交流のネットワークが十分とはいえず、こうした地域政策に関する情報やノウハウの交流の場づくりが求められておりました。
 この「地域政策イノベーションフォーラム」は、こうした状況に鑑み政策立案に寄与する情報やノウハウの提供、相互交流の場や協働の機会に関する諸事業を通じて、地域の抱える諸問題の解決や地域の再生、地域の自立を支援し、自治体の革新的・主体的な政策実現に寄与することを目的として設立いたしました。

  平成23年9月30日
                                                   理事長 志 築  學 



Regional Policy Innovation Forum